購入までの流れや選び方など!戸建て住宅で知っておくと得するミニ知識をご紹介

このサイトでは、戸建て住宅を購入する上で知っておくと得するミニ知識をご紹介します。
近年、住宅を購入する方々が増えてきています。
結婚や出産などのライフスタイルに合わせて購入されることが多いと思います。
家の購入はとても大きな買い物ですが、どこから手を付けると良いか分からないこともあるのではないでしょうか。
以下に注文住宅と建売住宅の違いについて、また、購入する際の必要費用の目安についてのミニ知識を紹介しますので、ご覧ください。

購入までの流れや選び方など!戸建て住宅で知っておくと得するミニ知識をご紹介

戸建て住宅には、注文住宅と建売住宅があります。
ご存知の方も多いと思いますが、注文住宅は自分たちで間取りなどを考えることができます。
一方、建売住宅とは間取りや建具等は決定しています。
選び方としては建売住宅の方が比較的安くで購入できます。
戸建てを購入する際の必要費用については、立地や土地の大きさなどでも変わってきます。
ただ戸建て住宅以外にも様々な費用が追加で必要になるため、総合的な費用については事前に確認が必要です。

戸建てには注文住宅や建売住宅などの種類がある

賃貸マンションなどで生活していると、騒音トラブルなどに巻き込まれてしまうようなケースも珍しくないです。
子育て世帯になると子供が部屋で走ったりすると、下の階などからクレームを入れられるようなことも少なくありませんから、そのような状態になると一軒家で生活したいと考える人も多いと考えられます。
実際に一戸建てを購入したい場合は種類があり、建売住宅だけでなく注文住宅なども存在しますから、各自で自由に選んで購入することが可能です。
建売住宅はすでに完成されているような建物を購入することになりますから、最初に内見などをしてチェックすることができます。
注文住宅の場合は各自でどのような建物にしたいのか話し合いをしながら決めることができるので、建売住宅よりも自由度の高いサービスになります。
こだわりを持って注文住宅を購入すると、一戸建ての住宅を手に入れるのに数千万円程度の費用が発生することもありますから、その点は各自の予算の範囲内で決めていかないといけないです。

建売住宅は土地と建物がセットになっている新築一戸建て

一般に販売されている住宅にもいろいろな種類がありますが、建売住宅という場合には、すでに完成した状態の新築の戸建て住宅のことを指しています。
これは完成済みの建物とその敷地としての土地がセットになった商品とみることもできます。
すでに完成している状態ですので、実物を間近に見ながら購入することができますし、販売主であるハウスメーカーや建設会社があらかじめ間取りや構造などを決め手いるため、施主の意向を受けて設計から施工までを行う注文住宅と比較して、価格も大幅に安くなっていることもメリットといえます。
また建売住宅ではあるものの、多くの戸数を同時に販売しているような場合には、分譲住宅という別の呼び名が用いられることもあります。
これはデベロッパーが郊外に大規模なニュータウンを造成して、そのなかにある1つずつの区画に戸建て住宅を新築して販売する場合などが該当します。
1棟だけを販売する場合とは違い、ニュータウン全体としての景観が統一されていて、道路や上下水道などのインフラも整備されているところが特徴です。

古屋付き土地は住むことができない状態の中古戸建て物件

購入候補となる土地をインターネットやチラシなどで探している最中に、しばしば目に入るのが古屋付き土地という表示です。
こうした土地は周辺の相場に比べてかなり安価に設定されていることが多く、これから戸建て住宅を建てるのであれば、たいへん魅力的に映るのには間違いありません。
この古屋付き土地というのは、建物が老朽化していたり、あるいはシロアリ被害や雨漏りがあったりして、そのままでは住むことができない状態の中古戸建て物件が存在する土地を意味しています。
もちろん上物の中古物件の状態がよければ、柱と基礎だけを残してあとは作り変えてしまうようなリノベーションで驚くほどリーズナブルな物件としてよみがえる可能性があります。
しかし通常はそこまでの物件はあまり存在しないもので、更地にして同じ敷地の上に戸建て住宅を新築することになるケースが多いとみられます。
この場合であっても立地条件のよい土地が格安で手に入るメリットはありますが、解体費用は別途負担しなければならず、特に浄化槽などの地下埋設物があると高額になりやすいことはあらかじめ検討しておくべきでしょう。

建築条件付き土地は予め施工業者が決まっている戸建て物件

土地に関する不動産広告を見ていると、しばしば「建築条件付き」という文言を目にすることがあります。
これは、読んで字のごとくその土地に戸建て住宅を建てる際は一定の条件に従うことを前提にした土地のことを意味します。
それでは、その条件とは具体的にどのようなものかというと、通常は2つあります。
1つは「戸建て住宅を建てるに当たって、指定された施工業者に工事を依頼すること」です。
つまり、土地の購入者が自分で自由に工務店やハウスメーカーなどを選ぶことができないということになります。
もう1つは、「土地を購入してから一定期間内にその施工業者と工事に関する契約を結ぶこと」です。
その期限は物件ごとに異なりますが、おおむね3か月以内としているケースが多数を占めます。
建築条件付き土地は、注文住宅と建売住宅の中間的な性格を持つ物件だと言えます。
施工業者が指定されているので、使える建材や工法などはあらかじめ限定されます。
その一方で、間取りや外観などは業者と相談したうえである程度自由に決めることができます。

著者:黒岩忠一

筆者プロフィール

岡山県岡山市生まれ。
大手ハウスメーカーに営業として勤務。
戸建て住宅に関する記事を書いています。
岡山の戸建てはこちら